おせち料理 2017 人気 冷蔵

お正月料理特集記事一覧

大晦日の深夜に、我が家では年越しそばを食べてしまいます。本来なら年を越してから食べるものなのですが、両親は早く寝てしまうので、大晦日の夜に食べるのです。我が家の年越しそばは、鶏ガラで出汁をとっています。そこに醤油と塩などで味をつけます。そばは決まって生麺です。年越しそば以外では乾麺を食べていますが、年越しそばだけは生麺を使用します。具材は、鶏肉と椎茸、ネギ、ナルト、そして天カスが必ず入ります。これ...

我が家では毎年12月の30日にお餅つきをします。ぺったんぺったんと以前は臼でついていたのですが最近は餅つき機を使用します。前の晩にもち米を洗っておいて一晩水につけておいたもち米を餅つき機に入れた蒸し揚げるのです。30分ほどかかって蒸し揚げると、けたたましくブザーが鳴り今度はもち米をついてくれます。10分もかからないうちにツルッしたお餅が出来上がるのですがここからが大変です。熱々のお餅を丸く鏡餅にす...

冬になると昆布茶がのみたくなり粉末を買ってみるものの、少し残ったりしてしまいます。漬物にしてもおいしいですが、何か使えないかなと思い炊き込みご飯で使ってみようと思いました。炊き込みご飯に昆布をよく使うから、昆布茶だっておいしくなるはずです。まず米3合を洗い、粉末の昆布茶大さじ2と砂糖大さじ1と醤油小さじ1と分量の水を入れます。その日、冷蔵庫にあった、大豆の水煮1パック(水を切る)と豚バラ薄切り肉1...

是非、自宅で作ってもらいたいおつまみ、なめろうです。難しそうとか、面倒くさそうなど言う人も多いかと思います。結構自宅で出来てしまうんです。一般的に鯵のなめろうが、有名だと思いますが、好みの青魚でも美味しく出来ます。我が家では、鯵(中くらい)1尾に対して、味噌大1、大葉5枚、生姜少々、ネギ3p分くらい、味醂少々、醤油少々、白胡麻少々とたいがいの家庭にあるもので作ってます。鯵を3枚に卸して皮、骨を抜き...

我が家に葉物野菜は欠かせませんが、特に登場回数が多いのが小松菜です。味噌汁に、おひたしに、炒め物にと万能なのですが、最近よく作るようになったのが「小松菜とベーコンの卵炒め」です。もともとは、お弁当のおかずに小松菜とベーコンを炒めたものが定番だったのですが、ある日味つけが濃くなりすぎて、とりあえず卵を入れてみたところ、意外においしく人気メニューになりました!最初に卵だけ炒めて取り出し、後からあわせて...

より良い睡眠を心掛けるため、飲み物のカフェインに気を使っていました。コーヒーが大好きな私ですが、インスタントのカフェインレスのコーヒーは、なんだか物足りず、なかなかお気に入りの商品に出会えなかったのですが、自然農法をやっている知人から【ミトクの穀物コーヒー】の事を聞きました。この【ミトクの穀物コーヒー】は小麦や大麦チコリ、ライ麦どんぐり等で出来ており、たんぽぽコーヒーよりも味わいが濃く、ミルクや豆...

我が家の常備菜は必ずじゃが芋、にんじん、玉ねぎは絶対に切らしません。その他葉物ではほうれん草とレタスとキャベツは冷蔵庫に入っていて、ほうれん草は買ってきたらすぐにゆがいて水切りをして冷蔵庫で保存しています。その他はブロッコリーが冷蔵庫に入っているのですが、時によってブロッコリーの金額が通常なら150円程度で買えるのに、300円近くで売っている場合もあるので、仕方がないので、輸入物の冷凍食品を保存し...

切干大根を使った漬物が我が家で好評です。作り方は、まず、ニンジン3分の1本を千切りにします。鍋に醤油大さじ2、砂糖大さじ1杯半、みりん大さじ1杯半、酢大さじ2と水大さじ3と小口に切った唐辛子4分の1本分、千切りニンジンを入れて沸騰させます。沸騰したらすぐに、火から外します。切り干し大根40gをサッと汚れを落とす要領で水にくぐらせておきます。硬く水を絞ったら、食べやすい大きさに包丁でカットして、保存...

痩せの大食い体質の主人は、無類のもやし好き。安価でボリュームあるメニューに大活躍のもやしは食材としてもとても重宝しています。主菜は肉や魚などボリューム満点なので、副菜は食感が良く、味付けも薄めのヘルシーなものを心がけているのですが、とにかく良く作るのが「もやしのナムル」。間違いなくもっとも登場回数の多い人気実力ナンバーワンメニューです。作り方はいたってシンプル。さっと茹でて水気を絞ったもやしに、味...

私の父が最近出張でよく長野県に行くのですが、その度に「竹風堂」というお店の栗かの子をお土産に買ってきてくれます。私は和菓子に目がなく、栗も好きなので大歓喜。しかし最初の印象は正直あまりよくありませんでした。見た目がなんだかべちょっとしていてイマイチだなぁとしか思わなかったのですが、実際に食べてみるとそのおいしさにびっくり。上品な甘さの中に栗のほろ苦さが絶妙にマッチしてお茶に本当によく合います。量が...

職場の同僚に美味しいから食べてみてと言われて購入したのがきっかけで食べ始めたのが「仁井田米」でした。仁井田(にいだ)というのは高知県にある地名で、そこで作られた米は全て仁井田米と言われます。仁井田米のなかでも一番のオススメは、宮内商店さんの仁井田米です。お米が美味しいのは勿論ですが、香り米がブレンドされているので、ご飯を炊いている時から香ばしくて窯でご飯を炊いているようないい香りがしてきます。口に...

沖縄の家庭料理といえばゴーヤーチャンプルー。私も大好きですし、実家・義実家の畑それぞれでできたゴーヤーを毎年もらうので、夏は毎日のようにゴーヤーチャンプルーを食べます。本来はゴーヤーの苦味が特徴ですが、我が家は子供も食べるので苦味控えめに作るのがポイントです。まずはゴーヤーのわたを取り薄切りにして塩もみします。その後水洗いして絞ったらフライパンで炒め、ツナ缶を入れます。豆腐も入れるとなお良しです。...

以前発売された赤城乳業の「ガリガリ君リッチ」のあずき大福が高評価をされパワーアップして再販されています。以前より餅粉と粒あんを20パーセント増量して、和の食感を引き出しています。生クリーム大福のような食感を楽しめるとの触れ込みで話題になっています。アイスの中にお餅、の定番は雪見だいふくですよね。夏でも冬でも食べたくなる雪見だいふくの定評に近づくことができるのでしょうか。赤城乳業の商品にはロングセラ...

ポン酢のCMでずっと気になっていたレシピ、「ぶりのポン酢焼き」。ぶりを焼いてポン酢と絡め焼くだけのもので、想像通りの味がするんだろうなあと何気なく作ってみたら、想像をはるかに超えるおいしさでした!ポン酢に火を入れることで酸味が飛び、複雑な味わいになるのです。作り方は簡単すぎます!ぶりをフライパンで焼き、1切れに対して大さじ1のポン酢を入れて絡め焼くだけ。ポイントというほどではありませんが、鍋の温度...

うちの子供は野菜が大好きでどんな料理でも喜んで食べるのですが、特に喜ぶのは金時人参を使ったキャロットケーキです。金時人参は甘みがあり、ケーキにしてもぴったりです。お客さんをうちに呼んで料理をふるまう時があるのですが、煮物を作るときは必ず金時人参を使います。その時に金時人参を子供のために少しケーキの分として残しておきます。卵とマーガリンを混ぜ合わせ、クリーム色になったら、砂糖を加えるのですが、普通に...

我が家の里芋料理は単純に子供が里芋が好きということで始めました。最初は里芋とイカの煮転がし里芋とさつまあげの煮付けでした。しかし、同じ内容ですとどうしても好きなものでも飽きてしまう面もありました。そこで、すこし、肉関係と里芋との煮付けをしました。それも時間短縮もねらって、レンジの活用もしております。まずぬめりをとった里芋と人参を4〜5分レンジでチンをしておきます。それをしながら、オリーブオイルでベ...

鳥料理専門店です。京都市左京区川端丸太町で交差点の角に位置するお店で駐車場などはありません。会社での社員旅行での食事場所で使用したのですが、以前から当社の会長はここがお気に入りで1ケ月に1度は食事などで利用しており、皆にも是非食べてきて欲しいとの事で、少人数の会社では1度には旅行へ行く事が出来ず、我がチームは5人での食事となりました。私自身は鶏料理は好みではないのですが・・・紹介なので仕方なくとい...