おせち料理2018 人気 冷蔵

あの頃のおせち

昔は私の家でも元旦になれば、母の作るおせち料理とお雑煮がでてきました。当時私は小学生で時代は昭和。

 

両親からは「お正月はスーパーも商店街も閉まってて買い物できないでしょ?だから日持ちするおかずを用意しといて、それを食べてお店が開くまでやりすごすんだよ」と教えられて育ちました。しかし用意されるのは、お正月によく見るおせち料理の家庭版。

 

 

子供ながらに「何を食べればいいんだ…」と悩んでいた記憶があります。昆布巻き、だて巻き、黒豆煮。ごまめやかまぼこを並べられても、私の箸は進みません。


お店が閉まってて買い物できないのは仕方ないとして、何故いつも食べるようなカレーやハンバーグを用意してくれないんだと思っていましたが、おかげで今では好き嫌いのない大人に成長できました。

 

だってそれを食べないと本当に食べるものが用意されていませんでしたからね。今なら元旦から営業しているお店なんて普通ですし、子供でも食べやすい洋風おせちなんてのもあるようですし。でもお正月にだけ食卓に登場していた数の子は大好きでした。

 

「高いから、そればっかり食べたらダメ!」とよく怒られていました。