おせち料理 2017 人気 冷蔵

2017年の人気おせち通販のおすすめは冷蔵のおせち料理です!

おすすめのおせちをお探しの方はコチラ
今年のカニをまだ購入していない方はコチラ

冷蔵おせちが選ばれる理由

通販でおせちをお取り寄せする際に気をつけて予約したいのがお届け状態です。おせち通販で販売されているおせち料理の多くは冷凍状態がほとんどですがここ2、3年の間に冷蔵状態のおせちの人気が高い為冷蔵おせちや生おせちを取扱う通販も増えてきました。

 

 

当サイトで紹介しているおせち通販はおせちの販売実績のある人気通販をピックアップしました。


冷凍おせちしか取扱っていない通販も紹介していますので冷蔵おせちをお求めの場合は全品冷蔵おせちを販売している「匠本舗」がおすすめです。冷蔵おせちは何といっても解凍要らずなのが嬉しいですね。

人気おせち通販のおすすめランキング

全品冷蔵おせちで2017年のおせちもお任せ!
京都の料亭監修のおせちを中心としたおせち料理と全国から厳選した名店監修のおせち料理を販売しています。今年のおせち料理のラインナップは全23種で全て冷蔵状態で届きます。和洋折衷おせちや少人数向けおせちも取扱っています。

  • 京都円山 料亭「東観荘」監修特大重 華寿千
  • 京都東山 料亭「道楽」監修特大重 新玉の息吹
  • 東京赤坂「あじさい」監修四段重 彩

冷蔵おせちにひけをとらない味の2017年の冷凍おせち!
Oisixで販売されているおせち料理は全て冷凍のおせちです。Oisixの冷凍おせちは冷凍おせちで懸念される味や品質でも冷蔵おせちにひけをとりません。こだわりの食材と調理方法で作られているので美味しい冷凍おせちを堪能できます。

  • 和風おせち二段重 27品目 福寿
  • 和洋折衷おせち二段重 24品目 高砂
  • 和風おせち三段重 37品目 琥珀

2016年東京正直屋人気おせち

大正13年創業の仕出しメーカーの冷蔵おせち2017年!
神田川監修のおせち料理の販売でも知られている東京正直屋は古くからケータリング事業で実績を挙げているメーカーです。自社工場を持ちテレビ番組でも紹介された万全な管理体制の下で冷蔵おせちを作っているので安心して購入できます。

  • 特選生おせち和風三段重 招福
  • 特選生おせち和洋中三段重 末広
  • 特選生おせち洋風一段重 大吉

京おせちを安全な状態で2017年のお正月もお届け!
トオカツフーズが運営するおまかせ健康三彩では美味しい「京菜味」ブランドのおせちを安全な冷凍状態でお届けしています。ボリュームたっぷりの和洋中三段重や少人数で堪能できる桶型重のおせち料理も人気です。

  • 和洋中おせち 三段重 鳳凰
  • 京のおせち 三段重 八坂
  • 京のおせち 四段重 雅

2017年冷蔵の生詰めおせちと冷蔵の個別パックおせちを販売!
紀文の徹底管理された工場で作られる冷蔵おせちは衛生面や品質面で万全なので安心。本格伝統おせちは盛り付け済と個別パックとを合わせて6種、その他ディズニー、ハローキティ、シニア向けおせちも全て冷蔵おせちで全11種のおせちを販売。

  • おせち詰合せ三段重 38品 「正月」
  • おせち詰合せ三段重 31品 「雅の舞」
  • おせち詰合せ三段重 34品 「祝い幸」

蟹選びはカニ通販選びから!

北海道の加藤水産が運営するオンラインショップで美味しい訳ありの蟹を販売している事でも有名。そのまま解凍するだけで食べれるボイル冷凍の蟹足は絶品です。ホームパーティーや業務用にも最適な蟹は口コミでも好評です。

蟹の激安オンラインショップといえばかに本舗です。食べ易いポーションタイプの蟹の品揃えでは他の通販を圧倒しています。家族で愉しむかにしゃぶや友人や知人と愉しむ小宴会にもってこいの蟹を豊富に取扱っています。

カニ

アサヒ食販が函館で運営する海鮮専門のオンラインショップです。鮮度の良い蟹や海老など北海道の美味しい海鮮を取寄せるならココです。ギフト用の蟹から業務用の蟹までリーズナブルな価格で購入できる通販です。

冷蔵のおせちはプロの味をそのまま堪能できる!

おせちはやっぱり冷蔵で取り寄せたい

自力でおせちを作るなんてことはほぼない我が家。スーパーで好きなものだけを買って詰め合わせるのが子供の頃からの常でしたが、最近は両親へのプレゼントの意味も込めて私が2017 おせちをお取り寄せしてみることになっています。

 

その際悩んだのが、冷凍のおせちにするか冷蔵のおせちにするか。我が家は断然冷蔵派です。以前冷凍にした時に、うっかり解凍し忘れたものがあったり、また解凍してみたらなんかパサパサ?みたいな物もあったり。その点、作られたまま送ってくる冷蔵はそんなこともなく便利で美味しい!

 

 

今年は洋風和風どっちも捨てがたかったので和洋折衷のものにしましたよ・・・


合わせて3、40品くらいはありましたか、なかなかのボリューム感でした。ただ、最近は冷凍技術も進歩してますから、また冷凍のも挑戦してみようかとちょっと思っています。冷蔵の難点、賞味期限がちょっと気になっているんです。

 

大抵1月1日には食べきってくださいってものが多くて、その短さがちょっと・・・。来年はもっとリサーチして冷凍か冷蔵か再検討してみるつもりです。

冷蔵のおせちで感じた魅力

私は今年のお正月は冷蔵のおせちをお取り寄せしました。冷凍ではなく冷蔵のものを頼んだ理由は鮮度が良さそうで味が良さそうだったことや冷凍のものより食感が良さそうだったことです。

 

 

伊勢海老や数の子などの海の幸を取り入れたおせち料理で和風でとても綺麗なおせち料理でした。二段重ねになっていて見た目も綺麗でしたし、色鮮やかさがあって美しかったです。


冷蔵のおせちは冷凍と違って食感や味が自然のものと変わらないことや、見た目が美しく綺麗に盛り付けがされていて目でも届いた時からすぐに楽しめるということが魅力的だと思います。私が冷蔵のおせちで一押しの品は伊達巻です。

 

フワフワで柔らかくて甘くておいしく、正月の幸せな気分を象徴するような料理だと思います。冷蔵のおせちを頼むときには品数や見た目にも気を配り、家族の好みを取り入れることが大切だと思います。

冷蔵のおせち料理を頼んで大正解でした

我が家は、共働きなので、スーパーの惣菜や外食などに頼りっきりで、ほとんど料理に手をかける時間をとれません。そこで年末年始は少しくらい贅沢と楽をしたいという夫婦の意見が一致して初めておせち料理を注文することとしました。

 

 

しかし、注文の際に妻と大変な言い争いとなってしまいました。妻は冷蔵のおせち料理、私は冷凍のおせち料理を注文すべきだという意見の対立でした。


妻は、おせち料理はそもそも3日間保つように味付けを濃くしたり、糖分を多くしたりして3日間は品質を保つことができるように作っているので味付けがそのままで味わえる冷蔵がいいと主張しました。

 

一方私は、遠くから配達されるので冷凍のおせち料理なら安全だと主張しました。妻は何人もの同僚から意見を集め、冷蔵のおせち料理の方が美味しいし安全性は確保されていると主張し冷蔵のおせち料理を注文することとしました。

 

届いたら絶対文句をつけてやると心の中では思っていましたが実際に到着してみると見た目にも彩り鮮やかに飾られており豪華絢爛でケチのつけようがありませんでした。冷蔵のおせち料理を注文して正解だったと思います。

 

それで、もうひとつの楽しみであるかに通販のズワイガニのお取り寄せに関しては妻とも対立することなく意見一致で生冷凍のポーションを購入しました。

選ばれる生おせちの条件は?

生おせちと常温おせちってどう?

通販で販売されているおせちに生おせちや常温おせちといった商品があります。生おせちと常温おせちに違いがあるの?と疑問を持たれる人もいますが基本的に違いはありません。あくまでも効果的な販売目的で付ける呼び名あり所謂、総称して冷蔵おせちと呼ばれているお届け状態です。

 

いずれの呼び名も一般的に最も取扱いの多い冷凍おせちと区別する為に付けられている点と冷蔵で配送されるという点で共通しています。その中でもインパクトのある呼び名が生おせちでありますがプラスイメージとマイナスイメージがあります。

 

 

プラスイメージというのは新鮮さやフレッシュ食材を使用している感覚・・・


に受けとめられますが検討している人によっては反対にマイナスイメージとして保存状態や鮮度は大丈夫かという不安もよぎることから冷蔵おせちとして販売している通販が多いです。

生おせち(冷蔵おせち)の需要の増加は2017年も継続される

ここ数年、生おせちや常温おせちといった冷蔵おせちを取扱う通販が増加しています。これはおせち市場においても生おせちのニーズが高まっている証ともいえます。ではここ数年になって何故ニーズが高まってきたのでしょう。先ず取扱わなかった理由として

 

 

  • 製造の調整が難しい
  • 冷凍と比較して冷蔵は保存期間が短い
  • 食材の管理や保存料の使用

などが挙げられますがどれもが販売者側のリスクでしかない為、冷凍おせちの安全性と品質について高い信頼を得る為に冷蔵おせちをデメリットを謳ってきましたが生おせちや常温おせちの人気が高まるにつれ取扱わないことはマイナスに考える通販が増えてきたのです。

 

そして、もうひとつ考えられる点として冷蔵おせちしか取扱わない通販の高い販売実績を目の当たりにして取扱わずにはいられないといったところかもしれません。その人気通販とは当サイトでも紹介している匠本舗の事です。匠本舗は他の通販がリスクと考える

 

 

  • 保存料・合成着色料・中国産主原料の不使用
  • 料理の塩分を多く使用しない味付け
  • 受注管理の徹底

などをクリアして高い信用と実績を誇るおすすめの通販です。このような人気通販の存在が冷蔵おせちの安全性と美味しさを実証してきたことから生おせちや常温おせちのニーズが高まったといっても過言ではありません。

ベルーナのおせち料理は老舗食品メーカーの冷蔵おせちとオリジナル冷蔵おせちを販売!

老舗「カモ井」で作られている常温おせちの三段重と四段重を用意。それぞれに焼鯛が付き四段重には伊勢海老が盛り込まれているお得なおせちです。オリジナル冷蔵おせちが年配の方でも食べ易い味付けと少食のご家庭にぴったりサイズのおせち。

  • 老舗「鴨井本舗」焼鯛付き三段重おせち 楓
  • 老舗「鴨井本舗」焼鯛付き四段重おせち 飛翔
  • オリジナル和風三段重おせち 舞

進歩する冷凍技術と冷蔵おせちの品質

おせち料理を購入する場合、近頃は冷蔵のおせちの人気が高まっています。というのも冷蔵おせちを販売する業者が増えてきたのもひとつの要因です。

 

おせち料理を販売する場合冷蔵おせちの場合保存期間が短い為製造に関しても年末ぎりぎりに製造にあたる必要があり、発送に間に合わせるだけの体制を作る必要があるからです。

 

特にオリジナルのおせち料理を販売している通販では製造元との綿密な打ち合わせや計画が必要な事からリスクも高い為、以前は殆どの通販では冷凍おせちしか取り扱わなかった背景があります。

 

冷凍おせちの場合であれば何日も前から製造しても解凍するまでは品質も劣化しない為は販売する側からすればリスクも小さいからです。唯一のリスクといえば、作り過ぎによるおせちの在庫処分です。年末に破格値で販売されている冷凍おせちは

 

 

ある意味、お買い得ではありますが・・・


見込みよりも売れなかった商品の可能性も高いということを頭においておく必要があります。但し、売れなかった商品が必ずしも粗悪品であるとは限らないわけですから狙い目のおせちであると云えます。

 

 

何故ここ数年冷蔵のおせち料理を取り扱う業者が増えたんだろう・・・


確かに需要が増えたこともありますが、食感や風味で劣るといわれている冷凍おせちだけしか販売していない場合は販売が減る可能性はあっても増える見込みがない為冷蔵おせちを扱うことで販売が増加する可能性を見込んでいるからかもしれません。

 

ですが、全ての商品で本当に冷凍おせちのほうが風味や食感で劣るとはいいきれません。実際のところ、現在の冷凍技術には目覚しい進歩がある為、各業者の冷凍方法によっては差がでるのであくまでも冷蔵おせちより劣るというのは一般論でしかありません。

 

冷凍おせちであっても食感や風味をできるだけ作りたての状態で食べれるようなおせちを提供している業者は少なからずもあります。その業者のひとつが2017年のオイシックスで冷凍おせちだけにこだわって販売しているので高品質で評価も高いです。

 

一方、リスクの高い冷蔵のおせち料理しか販売していない通販業者もあります。当サイトで紹介している匠本舗で取り扱う2017年のおせち料理は全商品冷蔵おせちなので冷蔵おせちの取り扱いが初めての通販で購入するよりは断然おすすめです。

更新履歴